「ヒゲ脱毛が一般的になってきている」
ここ最近、男子がエステに通うということも一般的になってきていますよね。一昔前であれば、男のくせにとか、なよなよしているんじゃない!!とかいう声が一般的だったように思いますが、今ではそんなこと言っていると時代遅れであると評されることさえあります。

キレイ系男子、草食系男子が全盛の昨今、ヒゲ脱毛をすることは最も旬でトレンディなことであると言っても過言ではないかもしれません。

「ヒゲ脱毛すればもてるようになるの?」
ここ数年は、無駄毛イコール好印象ではないという一般的なイメージが出来上がりつつありますね。ゆえに女性目線で見ますと、ヒゲが濃い男性よりは、ヒゲが薄い男性の方が、好まれる傾向が高いということは言えると思います。

ですが、ここで重要なのは、傾向が高いということであって、絶対にそうなるということではないということ。

ヒゲが濃いのも個性の一つであり、また、ヒゲというのは男性の象徴的なパーツでもあります。

男性の象徴的なパーツの突出を好む女性はゼロではありません。

髭が濃いという個性を消して、極々一般的な受けの良いひげが薄い自分になる・・。

これは一つの人生の別れ道と言ってもよいかもしれませんね。

「逆にヒゲのメリットはないの?」
ヒゲというのは、本文で再三書かせていただいておりますが、男性の象徴的パーツであるという側面があります。

ゆえに、より男性であるというアピールをすることにプラスになるパーツであるということができます。

わかりやすい例を挙げるとしますと、70年代のアメリカの映画などでは、筋肉ムキムキで立派なヒゲ、立派な胸毛を蓄えた男性が主役であることも多かったですよね。

今現在の日本では、まず考えられないようなことではありますが。

とはいえ、生物学的に女性は男性に惹かれるもの

そしてヒゲというものが男性の象徴的なパーツであるということを考えると、ヒゲをはじめとした無駄毛が異性から嫌われるというのは、もしかしたら、短期的な流行に過ぎないかもしれません。

「最低限しておきたいヒゲ脱毛」
たとえ、ヒゲが男性の象徴的なパーツであると言っても、物には限度があります。

また、時代と逆行しすぎるということは、出会いの可能性自体を低くしてしまうことにもなります。

ですから、やはり身だしなみ、エチケットとしてのヒゲ脱毛は、基本的には、ありであると言わざるを得ないですね。

最低限のエチケットとしてのヒゲ脱毛を完了させた上で、ヒゲを蓄えるというのもありだと思います。

今の時代、ただ、漠然と男性の象徴的パーツであるヒゲを蓄えても、それに魅力を感じる女性は極めて少ないです。

ヒゲを蓄えるにしても、最低限のエチケットが必要。キレイ系であっての同様にエチケットは必要。

ゆえに、ヒゲ脱毛時代は、今の時代、その脱毛程度に影響されるところも大きいですが、もてるためにプラスに作用する行為であると言ってもよいと思います。

具体的にどういう風に脱毛をすれば良いかという話になると思いますが、とりあえず、家庭用脱毛器で脱毛にチャレンジしてみるというのが良いと思います。

いきなり脱毛エステに行くということに抵抗がある人も多いかと思いますので。

家庭用脱毛器は気軽に脱毛を始められますから良いですよ。今、最も良く売れている人気の脱毛器と言えば、ケノンがあります。

ケノンは購入者の約半数ほどが男性だったりもしていて、男女問わず、今一番人気のある脱毛器ですから、家庭用脱毛器を買うのであれば鉄板商品の一つです。

コメントを残す